令和元年最後の庚申の日



こんにちは。
11月19日は「庚申の日」で当日は15時30分より、開運帝釈天様の法要を1時間営みました。
そして今年最後の庚申の日でした。

一乗寺にお祀りされている帝釈天様は、
安永年間に八丁堀の川底より出現しました。
その当時の石像が現在も安置されています。
当時はこの帝釈様信仰の方々があり、たくさんのお参りがあったと言われています。

当日、不思議なことに、その当時に信仰されていた方のご子孫が、偶然、ご法要中にお墓参りに来られました。
何か通じるものがあったのでしょうか。
とても不思議なことだと感じた日でした。

 

コメント

このブログの人気の投稿

令和3年1月12日 初庚申

令和3年3月21日 春季彼岸会大法要

令和2年 盂蘭盆会・施餓鬼会大法要